忍者ブログ
交通事故のあれこれを記載しました
[5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

通常、自動車保険に入る目的は、相手に莫大な金額を請求されても
きちんと支払えるように、加入しておくものだと考えますよね
大半の方が、そうではないでしょうか?

もちろんこれは間違っていません
事実、慰謝料の過去判例を見ても、

2億2000万(医者)
2億5000万円(会社経営者)
1億5千万円(会社員)
・・・・
私が、自動車保険を変えた理由


今回の事故・・・  実は、
保険会社から適用外という宣告を受けていました


つまり、加害者側は自動車保険には加入していたけど、
当初、この事故については適用されないとの事だったんですね


この問題は、数年を掛けて解決したんですが、
加害者側は、一部自己負担という道を歩むことになりました
自動車保険を変えた理由


言うまでもありませんが、
私は交通事故が起こった時に「優れた力を発揮出来る」保険を
調査し、加入しました


前ページでも書きましたが、自動車保険に入る目的は
「交通事故に遭った時のため」だと思っています
どういう保険を選べば交通事故に強いのか?


何度も繰り返しますが、交通事故に遭った時に
「優れた力を発揮する保険」選びが
私はベストだと思います


どうしてかと言うと
ここを抑えておけば他の補償内容も大幅に充実してくるからです
各保険会社の交通事故時における対応


いざという時のために、使う保険なのですが
いざ保険を使うと、次年度の保険料が上がります


どうして??


それは、あなたに割り当てられた運転者の「等級」というものに
関係しています
自動車保険を使っても来年の保険料を上げないようにする特約


自動車保険の基本としてまずは


★対人賠償 : 無制限
★対物賠償 : 無制限
(バス等との事故の場合、損害賠償額が2000万円を超えるからです)
★搭乗者傷害: 最低1000万円
(人身傷害保険とも一部重なりますが、加入すべき保険です)


を選びます

これは、絶対的な基本保険なので、大丈夫かと思います
「人身傷害保険」は必ず付けましょう


車両保険といってもいろんな種類があります
わかりずらいです・・・


ずばり、結論から言うと「一般車両」の保険に
入っておきましょう


車両保険の種類は


①一般車両
②エコノミー + 限定A
③エコノミー
④車両危険限定A


というものがあります
併せて「車両保険」に加入する


まずは、付けるべき基本的な保険と特約をお伝えしました


自動車保険はまず、相手への補償の充実
そして自分自身への補償。


これが順序だと思っています
付けておきたいその他の特約


「保険・補償はそのままで保険料だけを抑える!」
これがテーマです


そんな事出来るのか??
もちろん可能です。
補償はそのままで保険料だけを抑える方法


いろいろ調べたのですが、別に質(保証内容や対応)を
落として安くしているというわけでは
ありませんでしたので、ご安心下さい


これは、勤務先の会社取引の関係で、私が親しくしていた
保険代理店の方から実際に見積もり取った時の
情報を含めてお伝えします。
インターネット契約(通販系)はなぜ安いのか?


結論から言うと、全然大丈夫です!
むしろこっちの方が良いんじゃないかと思えるぐらいです


別に、インターネットだからと言って
「事故が起こってもメールで知らせる」
というような事はありませんし・・・(^^;)


365日24時間対応の事故受付センターがあり
事故が起こった場合はそちらへ電話します
通販系は、交通事故時の対応は大丈夫なの?


いろいろありますが、一番良いのは
各社の資料・見積もりを一括で取り寄せる事です


1社ずつ取っていたのでは、かなりの時間と
労力が掛かります


この方法だと1回の入力で何社からも見積もりが
取れるので、面倒臭くありません
しかも、好きな保険会社を選んで見積もれます
上手な比較検討のやり方(見積もりのやり方)

PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ