忍者ブログ
交通事故のあれこれを記載しました
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

----------------------------------------------
【緊急告知】
もしあなたが、まだ示談交渉中なら、終了してしまう前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故示談交渉術
慰謝料が数十万多く貰える可能性があります
----------------------------------------------


はっきり言って、自動車保険はややこしいです
2つあったり、それぞれ違う賠償金額の設定があったり・・・
ここで、自動車保険の仕組みを理解しておきましょう
自動車保険のことを理解しよう


自動車保険には、2つの種類があります
1つは「自賠責保険」
もう一つが「任意保険」です

簡単にいうと
自賠責保険は、国から加入が義務付けられている強制保険
任意保険は、運転者に加入判断を任せている保険です
どうして自動車保険は2つもあるの?


私もはじめは「なに?」って感じでした

通常、交通事故に遭うと、加害者に対して損害賠償請求が
出来るのですが、ほとんどが加害者が入っている保険で支払われます

そして、保険には二つの種類があります ←重要

その一つが自賠責保険(強制保険)です
自賠責保険とは、「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が
義務付けられている強制保険です
自賠責保険って何?


交通事故に遭うと、加害者が入っている保険からお金が
支払われます

自賠責保険からと、もう一つが「任意保険」からです

任意保険とは、自賠責保険でカバーしきれない車の修理代や
膨大な慰謝料をカバーしてくれる保険です
任意保険って何?


これは事実です
なぜそういうことが起こるかというと

保険会社が提示してくる自賠責保険(強制保険)の損害賠償金額と
訴訟になった場合の損害賠償金額(弁護士会の基準、裁判所での基準)が
大きく違うからです
同じ事故の内容でも、損害賠償の金額に差が出るの?


相手(加害者)は一般的に2つの保険に加入しています
「自賠責保険」と「任意保険」です

まず「自賠責保険」について
相手の自動車保険からは、いくらまで出るの?


自動車損害賠償保障事業とは、

例えば、相手の車が車検切れだった場合や
自賠責に加入していない無保険だった場合に適用される保証のことです

ひき逃げのなどの場合もそうですが、損害を請求する相手がわからない場合や
相手に支払い能力がない場合があります
自動車損害賠償保障事業とは(相手が無保険の場合)


実体験者が作成した【初心者向け!交通事故解決専門サイト】

・示談交渉をはじめる時期や請求出来る項目と金額
・トータルの慰謝料の計算方法や、慰謝料を簡単にはじき出せる計算機
・自賠責保険・任意保険など自動車保険のカラクリ
・示談書をダウンロード出来るページ
・示談書を公正証書にする場合の手続き方法や公証役場の所在地
・むちうち症状(むち打ち、鞭打ち、ムチ打ち、ムチウチ)の場合の特別な計算式
・無料で交通事故の相談に乗ってくれる公共機関のご紹介
・弁護士や行政書士のHPと依頼する場合の注意事項
・週に何回通院しないと、通院期間として認めらないのか等の疑問集
交通事故の示談交渉で負けないための知識
PR
示談交渉は、交通事故発生直後からはじまります
すでに、事故後にこのサイトを見ているとは思いますが
事故直後にきちんと対応したか確認しましょう
交通事故の現場でやること


いざ、交通事故が起きてしまうと、パニックになってしまい
何をしたらいいのかわから分からなくなるのが
普通だと思います

しかし、今後の示談交渉のことも考えて
きちんとした交通事故対応を取っておきましょう
交通事故が起きてしまった!!まず現場でやるべきこことは


私たちのような、人身事故の場合で、加害者の過失の方が
大きいと思った場合。
目撃者がいたら、実況見分の際に
その人に証言してもらえるように、警察が来るまで待っていてもらいましょう
目撃者がいた場合はどうするか?


警察は、民事不介入の原則というものがあって、
双方の話し合いの相談に乗ったりすることは、ありません

警察がやることは、事故がどのようにして起こったかを
明らかにするために「実況見分調書」というもの作成するだけです

ですから、現場では、被害者と加害者双方に事情聴取を行います。
(軽微な事故であれば、警察署へ同行してそこで事故状況の聴取を受けます)
事故現場で警察は何をするのか?


事故の中には、車に接触され、転倒しただけという
ケースもあると思います。

しかし、1週間後に頭痛がするので、病院へ行ったら
「脳内出血」という診断が出た、なんていうことはよくあります

事故当時は、軽い怪我だったので、つい許してしまい
加害者の名前も住所も、何も控えていません
警察に届け出を怠ると、どんなことが起こるのか?

6年間必死で勉強した知識をお伝えしながら、
素人だった私が、交通事故慰謝料を勝ち取るまでの経緯を解説。
勝ち組になるための交通事故必勝講座です
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!


【第1回目なので、自己紹介を兼ねて】

こんにちは!
サイト管理人のマツタケと申します

今回は、たくさんあるサイトの中から
訪問してくださって、ありがとうございます!
とってもうれしいです
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第1回


【事故当日。加害者の目を疑う行動】

第2回目になりました
今回は、事故当日のお話です

それは、1999年12月の暮れの出来事でした

一台の車が駐車場内で暴走し、
私の目の前で、妻をはねました・・・
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第2回


【病院へ来た加害者の会社役員たち】

妻の手術中に加害者の会社社長と専務が来ました
(保険会社の担当者はまだです)

当然、平謝りでした
しかし、どこか「ひとごと」のような空気があったのを覚えています
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第3回


【ついに登場!保険会社の担当者!】パート1

事故から数日後
ついにやって来ました!保険会社の担当者!

う~ん、誠実そうな面構え。きちんと対応してくれそうです!
私も大変不安だったので、
セッティングが出来て、とても安心しました!
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第4回


【ついに登場!保険会社の担当者!】パート2

結局、「相手の車の保険も会社の保険も使えません」
という言葉を鵜呑みにしている私。

(でも、この問題は、あとで解決します。
 ただ、解決するのに数年かかりましたが・・・)
話は、戻って病院の喫茶店。
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第5回


【マツタケさん、健康保険を使って治療して下さい!】

保険担当者から電話がありました

保険担当者:「マツタケさん、今回の事故の治療ですが、
         健康保険を使って治療して下さい」
マツタケ :「いいですけど普通、健康保険で治療するでしょう?」
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第6回


【健康保険を使う事によるメリット・デメリット!】

第6回でお伝えした事をまとめると、
以下のような感じです

①病院は健康保険を使いたくない
理由:儲かるから
②保険会社は健康保険を使って欲しい
理由:保険会社が出す、治療費負担が減るから

そこで、健康保険を使う事のメリットとデメリットですが
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第7回


【加害者家族登場】

事故から数日後、被害者の家族が病院へ来ました
面会場所は病院内の喫茶店です
加害者と奥さんと息子さん1人。

ちなみに加害者の年齢は60歳ぐらいです
息子さんはもう一人いるそうですが、仕事で来られないとの事でした
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第8回


【現場で事故を再現(警察との現場検証)】

事故後、博多警察署から電話がありました

事故現場に来て欲しいとのことでした
現場の駐車場に着くと、社長と専務、加害者、そして
2人のお巡りさんがいました

「早速、事故の再現です」
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第9回


【『加害者に寛大な処罰を』と警察から言われた?】パート1

事故後、警察から呼び出しを受けました
加害者についての処分をどうするか?
という内容です

通常、よく告訴とかって言いますが、告訴の事ではありません
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第10回


【『加害者に寛大な処罰を』と警察から言われた?】パート2

警察から『加害者に寛大な処罰を』というニュアンスの要望がありました
理由は、

『年間100万件もある交通事故の加害者を前科者にしないため』
だそうです
全然納得行かなかったので、もちろん答えは「NO」でした
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第11回


【交通事故証明書の発行でわかったこと】

交通事故を警察に届けると
自動車安全運転センターというところから
交通事故証明書の発行を受ける事が出来ます

これは、自動車保険を使う際にも必要なのですが
実はいろんな情報が掲載されています
交通事故慰謝料を勝ち取るまで!示談交渉の記録!第12回


通常、自動車保険に入る目的は、相手に莫大な金額を請求されても
きちんと支払えるように、加入しておくものだと考えますよね
大半の方が、そうではないでしょうか?

もちろんこれは間違っていません
事実、慰謝料の過去判例を見ても、

2億2000万(医者)
2億5000万円(会社経営者)
1億5千万円(会社員)
・・・・
私が、自動車保険を変えた理由


今回の事故・・・  実は、
保険会社から適用外という宣告を受けていました


つまり、加害者側は自動車保険には加入していたけど、
当初、この事故については適用されないとの事だったんですね


この問題は、数年を掛けて解決したんですが、
加害者側は、一部自己負担という道を歩むことになりました
自動車保険を変えた理由


言うまでもありませんが、
私は交通事故が起こった時に「優れた力を発揮出来る」保険を
調査し、加入しました


前ページでも書きましたが、自動車保険に入る目的は
「交通事故に遭った時のため」だと思っています
どういう保険を選べば交通事故に強いのか?


何度も繰り返しますが、交通事故に遭った時に
「優れた力を発揮する保険」選びが
私はベストだと思います


どうしてかと言うと
ここを抑えておけば他の補償内容も大幅に充実してくるからです
各保険会社の交通事故時における対応


いざという時のために、使う保険なのですが
いざ保険を使うと、次年度の保険料が上がります


どうして??


それは、あなたに割り当てられた運転者の「等級」というものに
関係しています
自動車保険を使っても来年の保険料を上げないようにする特約


自動車保険の基本としてまずは


★対人賠償 : 無制限
★対物賠償 : 無制限
(バス等との事故の場合、損害賠償額が2000万円を超えるからです)
★搭乗者傷害: 最低1000万円
(人身傷害保険とも一部重なりますが、加入すべき保険です)


を選びます

これは、絶対的な基本保険なので、大丈夫かと思います
「人身傷害保険」は必ず付けましょう


車両保険といってもいろんな種類があります
わかりずらいです・・・


ずばり、結論から言うと「一般車両」の保険に
入っておきましょう


車両保険の種類は


①一般車両
②エコノミー + 限定A
③エコノミー
④車両危険限定A


というものがあります
併せて「車両保険」に加入する


まずは、付けるべき基本的な保険と特約をお伝えしました


自動車保険はまず、相手への補償の充実
そして自分自身への補償。


これが順序だと思っています
付けておきたいその他の特約


「保険・補償はそのままで保険料だけを抑える!」
これがテーマです


そんな事出来るのか??
もちろん可能です。
補償はそのままで保険料だけを抑える方法


いろいろ調べたのですが、別に質(保証内容や対応)を
落として安くしているというわけでは
ありませんでしたので、ご安心下さい


これは、勤務先の会社取引の関係で、私が親しくしていた
保険代理店の方から実際に見積もり取った時の
情報を含めてお伝えします。
インターネット契約(通販系)はなぜ安いのか?


結論から言うと、全然大丈夫です!
むしろこっちの方が良いんじゃないかと思えるぐらいです


別に、インターネットだからと言って
「事故が起こってもメールで知らせる」
というような事はありませんし・・・(^^;)


365日24時間対応の事故受付センターがあり
事故が起こった場合はそちらへ電話します
通販系は、交通事故時の対応は大丈夫なの?


いろいろありますが、一番良いのは
各社の資料・見積もりを一括で取り寄せる事です


1社ずつ取っていたのでは、かなりの時間と
労力が掛かります


この方法だと1回の入力で何社からも見積もりが
取れるので、面倒臭くありません
しかも、好きな保険会社を選んで見積もれます
上手な比較検討のやり方(見積もりのやり方)

交通事故は、あくまで「過失」です
わざと人を傷つけようとはしていないと思います

あの時、あの場所へ行かなければ・・・
あの時、もう少し遅く出ていれば・・・
いろんな後悔をしているのが交通事故加害者です
加害者に対する私の考え


なぜなら、あなたにどうしても知ってもらいたい
情報があるからです!!

実は、わたくし。。。

いろんな方からお勧めを頂き、私の6年間を詰め込んだ
交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアルというノウハウ本を執筆致しました
まだ示談を成立させてはいけません


今回の交通事故の
発生直後からからその後まで掲載しております
妻の心境なども掲載してます
こんな事故でした


1999年12月
高校時代から付き合っていた彼女(=妻)と結婚しました
式が終わり、新婚旅行に出発しました・・・

親兄弟・友達・同僚から祝福され、まさかこのとき
あと6日後にあんな不幸な事があるとは
想像もつかないくらい幸せの絶頂でした
事故発生


実は私の妻は看護師で、搬送されたのは自分が勤める病院でした
もちろん私が希望してです
福岡ではかなり大きな総合病院です

搬送されたのは、妻が所属していた「整形外科」
そこには1週間前に、結婚式に出席していた同僚の看護師や医師達がいました
「どうしたと!」「なんで!」と看護師さんたちが叫んでいます
緊急手術


午後になり、妻がお願いがあると言ってきました
「どうした?」と聞くと
「一度家に帰って婚姻届を持って来てほしい」
「せっかく結婚式したけど、届け出はしないでほしい・・・
「これから一生、迷惑を掛けることになるから、ここに持って来てほしい・・・
妻は淡々と語りました
妻からのお願い


事故から1週間のあいだに、親兄弟、友人、同僚たちが
お見舞いに来てくれました。中には毎日来てくれる友達もいました
そして事故から10日後、2回目の手術が始まりました

あれから状況が少し好転して、骨の接合、神経の接合さえ出来れば、
保証はできないが、リハビリ次第で、また歩けるようになるかもしれない
と先生から言われました
そして、2回目の手術


加害者との交渉も始まりました
しかし、保険会社から来た答えは、この事故は「保険適用外」ということでした
途方にくれました。これからきちんとした治療は受けられるのか?

素人だった私は思いもしなかった大きな壁にぶつかりました
ここに来て、さらにこんな事があるもんかと悩み続けました
保険適用外の事故


本格的なリハビリが始まりました
本人に分からないようにリハビリ室を覗きました

両手で平均台の棒を持って一生懸命足を引きずっています
よくテレビとかで見たことがありましたが、まさか自分の妻が
やるとは夢にも思いませんでした
リハビリ開始


事故から約4年後、本格的なリハビリが終わりました

すでに妻は、自由に歩けるまで回復していました
そして今では、かわいい息子もいます
もちろん後遺症は残りましたが、明るく前向きに生きていますよ
リハビリも続けて、一部ですが看護師という仕事にも復帰しました
その後


忍者ブログ [PR]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ