忍者ブログ
交通事故のあれこれを記載しました
[5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

----------------------------------------------
【緊急告知】
もしあなたが、まだ示談交渉中なら、終了してしまう前にすぐご覧下さい!
↓↓
交通事故示談交渉術
慰謝料が数十万多く貰える可能性があります
----------------------------------------------


はっきり言って、自動車保険はややこしいです
2つあったり、それぞれ違う賠償金額の設定があったり・・・
ここで、自動車保険の仕組みを理解しておきましょう
自動車保険のことを理解しよう


自動車保険には、2つの種類があります
1つは「自賠責保険」
もう一つが「任意保険」です

簡単にいうと
自賠責保険は、国から加入が義務付けられている強制保険
任意保険は、運転者に加入判断を任せている保険です
どうして自動車保険は2つもあるの?


私もはじめは「なに?」って感じでした

通常、交通事故に遭うと、加害者に対して損害賠償請求が
出来るのですが、ほとんどが加害者が入っている保険で支払われます

そして、保険には二つの種類があります ←重要

その一つが自賠責保険(強制保険)です
自賠責保険とは、「自動車損害賠償保障法」という法律で加入が
義務付けられている強制保険です
自賠責保険って何?


交通事故に遭うと、加害者が入っている保険からお金が
支払われます

自賠責保険からと、もう一つが「任意保険」からです

任意保険とは、自賠責保険でカバーしきれない車の修理代や
膨大な慰謝料をカバーしてくれる保険です
任意保険って何?


これは事実です
なぜそういうことが起こるかというと

保険会社が提示してくる自賠責保険(強制保険)の損害賠償金額と
訴訟になった場合の損害賠償金額(弁護士会の基準、裁判所での基準)が
大きく違うからです
同じ事故の内容でも、損害賠償の金額に差が出るの?


相手(加害者)は一般的に2つの保険に加入しています
「自賠責保険」と「任意保険」です

まず「自賠責保険」について
相手の自動車保険からは、いくらまで出るの?


自動車損害賠償保障事業とは、

例えば、相手の車が車検切れだった場合や
自賠責に加入していない無保険だった場合に適用される保証のことです

ひき逃げのなどの場合もそうですが、損害を請求する相手がわからない場合や
相手に支払い能力がない場合があります
自動車損害賠償保障事業とは(相手が無保険の場合)


実体験者が作成した【初心者向け!交通事故解決専門サイト】

・示談交渉をはじめる時期や請求出来る項目と金額
・トータルの慰謝料の計算方法や、慰謝料を簡単にはじき出せる計算機
・自賠責保険・任意保険など自動車保険のカラクリ
・示談書をダウンロード出来るページ
・示談書を公正証書にする場合の手続き方法や公証役場の所在地
・むちうち症状(むち打ち、鞭打ち、ムチ打ち、ムチウチ)の場合の特別な計算式
・無料で交通事故の相談に乗ってくれる公共機関のご紹介
・弁護士や行政書士のHPと依頼する場合の注意事項
・週に何回通院しないと、通院期間として認めらないのか等の疑問集
交通事故の示談交渉で負けないための知識
PR


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ